使用される材料 | リフォームをして快適な暮らしをしましょう|REフォームでNEW宅

使用される材料

夏や冬などは気温の差が激しいので、外の環境変化のせいで室内にも影響が出てしまいます。日本では木造住宅が多いですが、一般的な建築方法だと壁や天井などには隙間ができてしまいます。隙間があることは空気の流れができてしまうため、外気が室内に取り込まれやすい状況に陥ります。隙間を無くすために断熱工事をすることで気温差のトラブルを解決することができます。住宅の作りによって施工の仕方が異なるので、断熱工事をするときは専門業者と相談をして建物をチェックしてもらうことが必要になります。その家に合った工事内容を決めてから見積りをして作業へと移ります。断熱工事ではいくつかの工事方法が用いられていますが、その中でも多いとされるのが内断熱工法です。断熱工事をするときにはグラスウールやロックウールなどの材料が使用されます。

グラスウールはガラス繊維で出来ているもので、これを使用することにより建物の断熱効果だけに限らず防音効果も期待できます。音の衝撃吸収をするので騒音対策にも繋がります。しかしあくまでも軽度な騒音にしか効果がないため、本格的に防音したいのであれば専門の工事をする必要があります。またロックウールはグラスウールよりも耐熱の温度が高いとされています。そのことから値段もロックウールの方が高いため、工事の際はグラスウールが多く使用されているのです。使用される材料によっても施工にかかる費用が異なっていますので、依頼するときはスタッフの方と費用の相談もしておくことが大切です。