快適に過ごす

断熱をする必要があるのか

断熱という言葉をよく聞きます。断熱とは外部の空気を室内に入れないことを意味しますが、関東や関西、北海道、九州、北から南まで断熱住宅が流行っている様子です。ですが、もともとは雪国や北国で外部の冷たい空気が室内に入ってきてせっかつ付けているストーブもなかなか温まらず夏の4倍ぐらいは光熱費がかかると言われています。これは、古くからの問題でした。特に日本の住宅は断熱と正反対でいかに空気の通りをよくするかという通気性のよい設計の住宅が多かったからです。もちろん通気性のよい住宅にはそれなりの意味があります。高温多湿のこの国で電気製品を使わずに自然に任せておくとすれば、空気に流れがよどんでしまうと躯体が湿度でボロボロになってしまうからです。

その種類について知っておこう

話しは戻りますが、断熱の住宅にすることのメリットは電気代(灯油代)が安くなるのです。外からの冷たい空気をシャットダウンするため室内の暖かい空気が維持できるからです。もちろんその反面断熱使用の住宅にするにはお金がかかるという問題点もあります。断熱住宅にするためにはどのような工夫が必要でしょうか。できることと言えば窓を二重サッシ、つまり内窓を付けることです。内窓を付けることで窓の外から入って来る空気をシャットダウンします。しかも内窓を付けることで結露ができにくく、カビが生える可能性が下がるというメリットがあります。また、断熱効果のある外壁塗装をすることで、壁の隙間をなくし断熱効果を維持することができます。